「はやぶさ2」がつくったクレーターの直径は10m以上

「はやぶさ2」がつくったクレーターの直径(ちょっけい)は10m以上(いじょう)

日本(にっぽん)のJAXAは、リュウグウという小さい(ちいさい)(ほし)調べる(しらべる)ため、4(ねん)ぐらい(まえ)に「はやぶさ2」を打ち上げ(うちあげ)ました。「はやぶさ2」は4月、リュウグウに金属(きんぞく)(かたまり)強く(つよく)ぶつけて、丸い(まるい)(あな)のような人工(じんこう)のクレーターを世界(せかい)初めて(はじめて)つくりました。 「はやぶさ2」が撮っ(とっ)画像(がぞう)をJAXAが調べる(しらべる)と、クレーターは直径(ちょっけい)10m以上(いじょう)で、(ふか)さは2mから3mぐらいだとわかりました。 JAXAは、「はやぶさ2」がクレーターの(なか)周り(まわり)下り(おり)て、リュウグウの(なか)(いし)取る(とる)ことを計画(けいかく)しています。「はやぶさ2」はこれから、いちばん多い(おおい)場合(ばあい)(かい)リュウグウの表面(ひょうめん)近く(ちかく)行っ(いっ)て、安全(あんぜん)下りる(おりる)ことができるかどうか調べ(しらべ)ます。 JAXAは、「はやぶさ2」がリュウグウに下りる(おりる)かどうか6月中旬(ちゅうじゅん)までに決める(きめる)言っ(いっ)ています。

Loading