手足口病になる子どもが増えている「よく手を洗って」

手足(てあし)(ぐち)(びょう)になる子ども(こども)増え(ふえ)ている「よく()洗っ(あらっ)て」

手足(てあし)(ぐち)(びょう)は5(さい)以下(いか)子ども(こども)多い(おおい)病気(びょうき)で、()(あし)(くち)(なか)などに小さい(ちいさい)発疹(はっしん)ができます。毎年(まいとし)(なつ)多く(おおく)なっていて、せきやくしゃみ、便(びん)などに入っ(はいっ)ているウイルスでうつります。 国立(こくりつ)感染(かんせん)(しょう)研究所(けんきゅうじょ)によると、6月16(にち)までの1週間(しゅうかん)手足(てあし)(ぐち)(びょう)子ども(こども)は1(まん)2700(にん)以上(いじょう)いました。その(まえ)の1週間(しゅうかん)より3800(にん)ぐらい増え(ふえ)て、6月ごろでは(いま)までの10(ねん)でいちばん多く(おおく)なりました。特に(とくに)佐賀(さが)(けん)福岡(ふくおか)(けん)鹿児島(かごしま)(けん)、そして大阪(おおさか)()多く(おおく)なっています。 国立(こくりつ)感染(かんせん)(しょう)研究所(けんきゅうじょ)は「今年(ことし)手足(てあし)(ぐち)(びょう)のウイルスはうつりやすいです。よく()洗い(あらい)ましょう。赤ちゃん(あかちゃん)のおむつを取り替え(とりかえ)たあとはきれいに片付け(かたずけ)てください」と言っ(いっ)ています。

Loading