時速(じそく)360kmで走る(はしる)新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)のテストをする

JR東日本は、2031(ねん)3月までに北海道(ほっかいどう)札幌(さっぽろ)まで新幹線(しんかんせん)走ら(はしら)せます。そのとき、時速(じそく)360kmで走る(はしる)新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)使う(つかう)予定(よてい)です。JR東日本は今月(こんげつ)10(にち)新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)走ら(はしら)せるテストを始め(はじめ)ました。 新しい(あたらしい)新幹線(しんかんせん)は、いちばん(まえ)部分(ぶぶん)がとても長く(ながく)なっています。この部分(ぶぶん)は「ロングノーズ」と呼ば(よば)れていて、16mと22mの2種類(しゅるい)あります。テストでは、トンネルに入る(はいる)ときの(おと)小さく(ちいさく)なっているかなどを調べ(しらべ)ます。 16(にち)は、スピードを上げ(あげ)たりブレーキをかけたりするテストをしながら、時速(じそく)320kmで走り(はしり)ました。テストは仙台(せんだい)青森(あおもり)()で3(ねん)行い(おこない)ます。 JR東日本は「スピードを速く(はやく)するだけではなくて、東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)のような地震(じしん)のときでも安全(あんぜん)新幹線(しんかんせん)にします」と話し(はなし)ています。

Loading