福島(ふくしま)(けん)(むかし)から続く(つずく)(なつ)のお祭り(まつり)相馬(そうま)()馬追(うまおい)」を行う(おこなう)

福島(ふくしま)(けん)相馬(そうま)地方(ちほう)では、「相馬(そうま)()馬追(うまおい)」という(なつ)のお祭り(まつり)を1000(ねん)以上(いじょう)(まえ)から行っ(おこなっ)ています。8(ねん)(まえ)大きな(おおきな)地震(じしん)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)事故(じこ)がありましたが、いろいろなまちでまたお祭り(まつり)ができるようになりました。 28(にち)武士(ぶし)姿(すがた)をした(ひと)が400(とう)ぐらいの(うま)乗っ(のっ)て、まちの(なか)歩い(あるい)てお祭り(まつり)会場(かいじょう)向かい(むかい)ました。会場(かいじょう)着い(つい)たあと、よろいとかぶとをつけた(ひと)たちが(うま)乗っ(のっ)競走(きょうそう)する「甲冑(かっちゅう)競馬(けいば)」がありました。 そのあと「(かみ)(はた)争奪(そうだつ)(せん)」という行事(ぎょうじ)がありました。花火(はなび)一緒(いっしょ)(はた)(そら)上がっ(あがっ)て、(うま)乗っ(のっ)大勢(たいせい)(ひと)たちが落ち(おち)てくる(はた)をほかの(ひと)より早く(はやく)取ろ(とろ)うとします。(はた)取る(とる)ことができた(ひと)大きな(おおきな)(こえ)出し(だし)喜び(よろこび)ました。 (はた)取っ(とっ)男性(だんせい)は「また来年(らいねん)必ず(かならず)(はた)取り(とり)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading