気象庁(きしょうちょう)台風(たいふう)通る(とおる)場所(ばしょ)予報(よほう)がもっと正確(せいかく)になります」

気象庁(きしょうちょう)は、台風(たいふう)がどこを進む(すすむ)か5(にち)あとまで計算(けいさん)して予報(よほう)出し(だし)ています。台風(たいふう)中心(ちゅうしん)入る(はいる)可能(かのう)(せい)が70%ある場所(ばしょ)丸い(まるい)(えん)知らせ(しらせ)ます。 気象庁(きしょうちょう)(つぎ)台風(たいふう)から、新しい(あたらしい)コンピューターやプログラムを使う(つかう)ため、台風(たいふう)通る(とおる)場所(ばしょ)(いま)までより詳しく(くわしく)わかるようになって、正確(せいかく)になると言い(いい)ました。予報(よほう)(えん)(いま)までより小さく(ちいさく)なります。 去年(きょねん)9月の台風(たいふう)21(ごう)(れい)にすると、(いま)までは1(にち)あとの予報(よほう)(えん)半径(はんけい)が110kmでした。新しい(あたらしい)予報(よほう)だと60kmになります。5(にち)あとは、(いま)までは半径(はんけい)が650kmでしたが、520kmになります。 気象庁(きしょうちょう)は「新しい(あたらしい)予報(よほう)でも台風(たいふう)中心(ちゅうしん)必ず(かならず)(えん)(なか)入る(はいる)ということではないので、()をつけてください」と話し(はなし)ています。

Loading