ペルーで「ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)」という病気(びょうき)(ひと)増える(ふえる)

「ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)」は、免疫(めんえき)自分(じぶん)神経(しんけい)攻撃(こうげき)するため、()(あし)(ちから)入ら(はいら)なくなる病気(びょうき)です。呼吸(こきゅう)ができなくなって亡くなる(なくなる)(ひと)もいます。 ペルーの政府(せいふ)によると、首都(しゅと)のリマや(きた)にある観光(かんこう)()では、今年(ことし)になってからギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)だとわかった(ひと)が206(にん)いました。このうち4(にん)亡くなり(なくなり)ました。 ペルーの政府(せいふ)今月(こんげつ)(にち)、この病気(びょうき)になる(ひと)(きゅう)増え(ふえ)ているため、健康(けんこう)危険(きけん)がある状況(じょうきょう)だと言い(いい)ました。そして、(からだ)(ちから)入ら(はいら)なくなったら、すぐに病院(びょういん)行く(いく)ように言っ(いっ)ています。 ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)は、()やウイルスなどでうつる病気(びょうき)関係(かんけい)があるかもしれないと言わ(いわ)れています。政府(せいふ)専門(せんもん)()原因(げんいん)調べ(しらべ)ています。 ペルーには世界(せかい)遺産(いさん)のマチュピチュがあって、日本人(にっぽんじん)もたくさん観光(かんこう)行き(いき)ます。ペルーの日本(にっぽん)大使館(たいしかん)は、()食べ物(たべもの)をきれいに洗っ(あらっ)て、衛生(えいせい)()をつけるように言っ(いっ)ています。

Loading