経団連(けいだんれん)学生(がくせい)を1(ねん)(ちゅう)いつでも採用(さいよう)できるようにしていく」

大きな(おおきな)会社(かいしゃ)社長(しゃちょう)集まっ(あつまっ)ている経団連(けいだんれん)という団体(だんたい)大学(だいがく)が、会社(かいしゃ)学生(がくせい)(なか)から新しい(あたらしい)社員(しゃいん)選ぶ(えらぶ)採用(さいよう)のしかたについて意見(いけん)発表(はっぴょう)しました。 (いま)日本(にっぽん)では学生(がくせい)卒業(そつぎょう)する(はる)にだけ社員(しゃいん)採用(さいよう)する会社(かいしゃ)がたくさんあります。社員(しゃいん)になったあと、1つの会社(かいしゃ)長い(ながい)()働き(はたらき)続ける(つずける)(ひと)もたくさんいます。 しかし、経団連(けいだんれん)大学(だいがく)は、社会(しゃかい)国際(こくさい)(てき)になった(いま)時代(じだい)は、専門(せんもん)技術(ぎじゅつ)能力(のうりょく)使っ(つかっ)て、いろいろな会社(かいしゃ)働く(はたらく)ことができるように変える(かえる)必要(ひつよう)があると考え(かんがえ)ています。そして、(いま)採用(さいよう)のしかただけではなくて、学生(がくせい)を1(ねん)(ちゅう)いつでも採用(さいよう)できるようにしていくと言っ(いっ)ています。

Loading