フィリピンで大きな地震 16人が亡くなる

フィリピンで大きな(おおきな)地震(じしん) 16(にん)亡くなる(なくなる)

22(にち)午後(ごご)、フィリピンのルソン島でマグニチュード6.1の地震(じしん)がありました。首都(しゅと)のマニラの(きた)にあるパンパンガ(しゅう)大きく(おおきく)揺れ(ゆれ)て、建物(たてもの)がたくさん壊れ(こわれ)ました。フィリピンの政府(せいふ)は23(にち)、この地震(じしん)で16(にん)亡くなっ(なくなっ)たと発表(はっぴょう)しました。地震(じしん)壊れ(こわれ)たスーパーでは14(にん)行方(ゆくえ)不明(ふめい)になっていて、警察(けいさつ)などが建物(たてもの)(なか)をさがす作業(さぎょう)続け(つずけ)ています。 フィリピンでは23(にち)午後(ごご)、サマール(とう)でもマグニチュード6.4の地震(じしん)がありました。この地震(じしん)大きく(おおきく)揺れ(ゆれ)(ところ)(やま)(なか)のため、どんな様子(ようす)かまだわかりません。

Loading