東京オリンピック 選手たちのベッドを段ボールで作る

東京(とうきょう)オリンピック 選手(せんしゅ)たちのベッドを段ボール(だんぼ-る)作る(つくる)

来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックとパラリンピックの組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、選手(せんしゅ)たちが使う(つかう)ベッドを段ボール(だんぼ-る)作る(つくる)ことにしました。オリンピックとパラリンピックで段ボール(だんぼ-る)のベッドを使う(つかう)ことは初めて(はじめて)です。 ベッドが軽い(かるい)ため、選手(せんしゅ)はベッドを置く(おく)場所(ばしょ)自分(じぶん)変える(かえる)ことができます。よく寝る(ねる)ことができるように、自分(じぶん)にちょうどいい(かた)さを選ぶ(えらぶ)ことができるマットレスを使い(つかい)ます。(おも)さ200kgの(ひと)寝る(ねる)ことができます。 組織(そしき)委員(いいん)(かい)は、全部(ぜんぶ)で2(まん)6000(だい)ぐらいのベッドを作り(つくり)ます。使い(つかい)終わっ(おわっ)たベッドとマットレスは、(かみ)やプラスチックの(べつ)製品(せいひん)にリサイクルします。 組織(そしき)委員(いいん)(かい)は「オリンピックなどと関係(かんけい)がある(ひと)たちに段ボール(だんぼ-る)のベッドを()てもらいましたが、心配(しんぱい)する(ひと)はいませんでした。選手(せんしゅ)たちが気持ちよく(きもちよく)寝る(ねる)ことができるようにしたいです」と話し(はなし)ています。

Loading