(なみ)大きな(おおきな)マー(くん)(いち)発病(はつびょう)のダル、ドン底・菊池(きくち)… パッとしない日本人(にっぽんじん)投手(とうしゅ)の“不良(ふりょう)債権(さいけん)()”は避け(さけ)られるの?

ヤンキースの田中(たなか)(すすむ)(だい) (c)朝日新聞社(あさひしんぶんしゃ)

 今季(こんき)のメジャーリーグもいよいよ終盤(しゅうばん)(せん)突入(とつにゅう)。しかしここまでを振り返っ(ふりかえっ)てみて()になるのが、日本人(にっぽんじん)先発(せんぱつ)投手(とうしゅ)たちが期待(きたい)どおりの働き(はたらき)ができていないことだ。

 今季(こんき)大谷(おおや)(しょう)(たいら)(エンゼルス)が打者(だしゃ)専念(せんねん)のため、日本人(にっぽんじん)先発(せんぱつ)投手(とうしゅ)田中(たなか)(すすむ)(だい)(ヤンキース)、ダルビッシュ(ゆう)(カブス)、前田(まえだ)健太(けんた)(ドジャース)、そしてメジャー1(ねん)()菊池(きくち)(つよし)(ぼし)(マリナーズ)の4(にん)。このうち、現地(げんち)8(つき)11(にち)時点(じてん)勝ち越し(かちこし)ているのは8(しょう)6(はい)田中(たなか)のみで、その田中(たなか)防御(ぼうぎょ)(りつ)は4.64と褒め(ほめ)られた数字(すうじ)ではない。

 今季(こんき)田中(たなか)(こう)不調(ふちょう)(なみ)激しく(はげしく)大量(たいりょう)失点(しってん)するゲームが目立っ(めだっ)ている。歴史(れきし)(てき)なロンドン開催(かいさい)となった6(つき)29(にち)のレッドソックス(せん)では初回(しょかい)に2()取っ(とっ)ただけで6失点(しってん)KOされ、7(つき)25(にち)には同じく(おなじく)レッドソックス(せん)で4(かい)途中(とちゅう)12失点(しってん)屈辱(くつじょく)(てき)なめった打ち(うち)食らっ(くらっ)たのも記憶(きおく)新しい(あたらしい)ところだ。

 大型(おおがた)契約(けいやく)での移籍(いせき)1(ねん)()だった昨季(さくき)故障(こしょう)で1(しょう)どまりだったダルビッシュは、開幕(かいまく)から先発(せんぱつ)ローテーションこそ守っ(まもっ)ているものの、24試合(しあい)投げ(なげ)て4(しょう)6(はい)防御(ぼうぎょ)(りつ)4.43。5(つき)から6(つき)にかけて10試合(しあい)続け(つずけ)勝ち負け(かちまけ)いずれも付か(つか)ないという奇妙(きみョう)状態(じょうたい)続い(つずい)ていた。球宴(きゅうえん)()後半(こうはん)(せん)は6試合(しあい)で2(しょう)2(はい)防御(ぼうぎょ)(りつ)2.83と本来(ほんらい)(ちから)発揮(はっき)しつつあるが、ここまでリーグワーストの26()本塁打(ほんるいだ)悪癖(あくへき)解消(かいしょう)されていない。

 この2(にん)比べれ(くらべれ)ば、8(しょう)8(はい)防御(ぼうぎょ)(りつ)4.12の前田(まえだ)健闘(けんとう)していると言える(いえる)。7(つき)は6試合(しあい)で0(しょう)4(はい)だったが、この4(はい)のうち3(はい)は3失点(しってん)以下(いか)だった。ただし7(つき)23(にち)登板(とうばん)から3試合(しあい)続け(つずけ)て5イニングを投げ(なげ)切れ(きれ)なかったのは懸念(けねん)材料(ざいりょう)今季(こんき)過去(かこ)2(ねん)よりも先発(せんぱつ)4番手(ばんて)()安泰(あんたい)ではあるものの、長期(ちょうき)離脱(りだつ)(ちゅう)のベテラン左腕(さわん)リッチ・ヒルの復帰(ふっき)次第(しだい)ではプレーオフではまたもブルペンに回さ(まわさ)れる可能(かのう)(せい)十分(じゅうぶん)にある。

 そして一番(いちばん)深刻(しんこく)なのは菊池(きくち)。24試合(しあい)先発(せんぱつ)時点(じてん)で4(しょう)8(はい)という(ほし)勘定(かんじょう)自体(じたい)はマリナーズが主力(しゅりょく)相次い(あいつい)放出(ほうしゅつ)して再建(さいけん)モードに入っ(はいっ)ている以上(いじょう)はある程度しかたないが、防御(ぼうぎょ)(りつ)5.34はいただけない。なによりダルビッシュをも上回っ(うわまわっ)(りょう)リーグワーストタイの29()本塁打(ほんるいだ)は、ホームランが()にくい本拠地(ほんきょち)投げる(なげる)機会(きかい)多い(おおい)こともあって言い訳(いいわけ)不可能(ふかのう)だ。日本(にっぽん)時代(じだい)(だつ)三振(さんしん)(りつ)(たか)さでならしたものの、メジャー1(ねん)()今季(こんき)は1試合(しあい)平均(へいきん)で6.7(だつ)三振(さんしん)空振り(からぶり)取れ(とれ)ずに苦しん(くるしん)でいる。

 ()になるのは、彼ら(かれら)4(にん)のうち菊池(きくち)除く(のぞく)3(にん)はすでに30(さい)超え(こえ)ていること。特に(とくに)田中(たなか)とダルビッシュはいずれも(みぎ)ひじを故障(こしょう)したことがあることから、かつてレッドソックスなどでプレーした松坂(まつさか)大輔(だいすけ)(げん)中日(ちゅうにち))のメジャーでの晩年(ばんねん)思い出し(おもいだし)てしまう。高校(こうこう)時代(じだい)から速球(そっきゅう)()でならした松坂(まつさか)はメジャー移籍(いせき)()もレッドソックスで1(ねん)()に15(しょう)、2(ねん)()に18(しょう)(だい)活躍(かつやく)した。しかしトミー・ジョン手術(しゅじゅつ)()球速(きゅうそく)落ち(おち)、30(さい)前後(ぜんご)でピークを過ぎ(すぎ)(かん)否め(いなめ)なかった。

 田中(たなか)もダルビッシュも、松坂(まつさか)同じく(おなじく)高校(こうこう)時代(じだい)から甲子園(こうしえん)活躍(かつやく)してきた早期(そうき)開花(かいか)(がた)投手(とうしゅ)たちだ。そして故障(こしょう)経験(けいけん)同じ(おなじ)長年(ながねん)勤続(きんぞく)疲労(ひろう)年齢(ねんれい)とともに表面(ひょうめん)()する可能(かのう)(せい)否定(ひてい)できない。

 ちなみに30(だい)半ば(なかば)から後半(こうはん)以降(いこう)活躍(かつやく)続け(つずけ)野茂(のも)英雄(ひでお)(もと)ドジャースほか)や黒田(くろだ)博樹(ひろき)(もと)ドジャースほか)は甲子園(こうしえん)出場(しゅつじょう)経験(けいけん)がない。野茂(のも)社会(しゃかい)(じん)黒田(くろだ)大学(だいがく)経由(けいゆ)でのプロ入り(いり)で、10(だい)後半(こうはん)から20(だい)前半(ぜんはん)負担(ふたん)比べれ(くらべれ)松坂(まつさか)田中(たなか)、ダルビッシュよりも軽かっ(かるかっ)た。

 もちろん、高校(こうこう)時代(じだい)過ごし(すごし)(かた)が30(だい)以降(いこう)衰え(おとろえ)直結(ちょっけつ)するとは限ら(かぎら)ない。かつてPL学園(がくえん)のエースとして甲子園(こうしえん)沸か(わか)せた桑田(くわた)真澄(ますみ)(もと)巨人(きょじん)ほか)は身体(しんたい)能力(のうりょく)頼ら(たよら)ない技巧(ぎこう)()だったとはいえ(いき)長い(ながい)活躍(かつやく)続け(つずけ)、39(さい)にしてパイレーツでメジャーデビューを果たし(はたし)ている。

 田中(たなか)やダルビッシュはもちろん、前田(まえだ)菊池(きくち)含め(ふくめ)確か(たしか)今季(こんき)成績(せいせき)芳しい(かんばしい)ものではないかもしれない。だが、それは来季(らいき)もそうだということを意味(いみ)しない。幸い(さいわい)彼ら(かれら)のうち田中(たなか)除く(のぞく)3(にん)長期(ちょうき)契約(けいやく)残し(のこし)ている。

 ただし、長期(ちょうき)契約(けいやく)には責任(せきにん)とリスクが伴う(ともなう)のが(つね)(なん)(ねん)続け(つずけ)結果(けっか)出せ(だせ)ずにいれば「不良(ふりょう)債権(さいけん)」と呼ば(よば)れることになってしまう。来年(らいねん)契約(けいやく)最終(さいしゅう)(ねん)田中(たなか)含め(ふくめ)て、来季(らいき)大事(だいじ)なシーズンとなるはず。そのためにも今季(こんき)残り(のこり)少し(すこし)でも本来(ほんらい)のピッチングを取り戻し(とりもどし)特に(とくに)田中(たなか)とダルビッシュ、前田(まえだ)には出場(しゅつじょう)濃厚(のうこう)なプレーオフでの(かい)(とう)披露(ひろう)期待(きたい)したい。


Loading