開幕(かいまく)(せん)勝利(しょうり)八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)(なつ)2(しょう)() (いち)()は“魔物(まもの)”の餌食(えじき)になりかけるも執念(しゅうねん)逆転(ぎゃくてん)

本塁打(ほんるいだ)放ち(はなち)ガッツポーズする八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)武岡(たけおか)

(だい)101(かい)高校(こうこう)野球(やきゅう)選手権(せんしゅけん)大会(たいかい)
(さとし)(べん)学園(がくえん) 8 - 10 八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)
<2回戦(かいせん) 8(つき)12(にち)

 開幕(かいまく)(せん)勝利(しょうり)した八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)青森(あおもり))は、(こん)大会(たいかい)49代表(だいひょう)最後(さいご)登場(とうじょう)となった(さとし)(べん)学園(がくえん)奈良(なら))との激闘(げきとう)制し(せいし)(なつ)2(しょう)()。3回戦(かいせん)進出(しんしゅつ)決め(きめ)た。

 序盤(じょばん)完全(かんぜん)八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)のペース。初回(しょかい)二死(にし)走者(そうしゃ)なしから近藤(こんどう)(りょう)(いち)がレフトスタンドへの豪快(ごうかい)(いち)(はつ)放っ(はなっ)て1(てん)先制(せんせい)すると、3(かい)には切り込み(きりこみ)隊長(たいちょう)武岡(たけおか)(りゅう)()がバックスクリーンへ豪快(ごうかい)(だん)。さらに(まえ)打席(だせき)本塁打(ほんるいだ)放っ(はなっ)近藤(こんどう)適時(てきじ)()飛び出す(とびだす)など、3(てん)挙げ(あげ)て4-0とリードを拡げ(ひろげ)た。

 投げ(なげ)ては背番号(せばんごう)10の左腕(さわん)(よこ)山海(さんかい)(なつ)(なぎ)(さとし)(べん)学園(がくえん)打線(だせん)翻弄(ほんろう)。5(かい)味方(みかた)失策(しっさく)自身(じしん)制球(せいきゅう)乱れ(みだれ)で1(てん)返さ(かえさ)れたものの、直後(ちょくご)の6(かい)(ひょう)には味方(みかた)再び(ふたたび)3得点(とくてん)。7-1とさらに点差(てんさ)拡げ(ひろげ)試合(しあい)優位(ゆうい)進め(すすめ)ていく。

 ところが、その(うら)球場(きゅうじょう)空気(くうき)一変(いっぺん)横山(よこやま)相手(あいて)の1年生(ねんせい)4(ばん)前川(まえかわ)右京(うきょう)適時(てきじ)()浴びる(あびる)と、“()(きょく)”としてお馴染み(なじみ)応援(おうえん)()「ジョックロック」が鳴り響く(なりひびく)なかで徐々に(じょじょに)(さとし)(べん)学園(がくえん)のペースとなっていき、一死(いっし)一塁(いちるい)から四球(しきゅう)死球(しきゅう)死球(しきゅう)でまさかの押し出し(おしだし)。あわてて背番号(せばんごう)1・山田(やまだ)(れい)(たく)にスイッチする。

 その山田(やまだ)先頭(せんとう)こそ空振り(からぶり)三振(さんしん)斬っ(きっ)たものの、その後は2(てん)適時(てきじ)()四球(しきゅう)味方(みかた)失策(しっさく)で1(てん)()迫ら(せまら)れ、極めつけ(きわめつけ)打ち取っ(うちとっ)たと思っ(おもっ)たショート正面(しょうめん)への打球(だきゅう)がまさかのイレギュラー。ショートの頭上(ずじょう)越え(こえ)打球(だきゅう)外野(がいや)へと抜け(ぬけ)、これが適時(てきじ)二塁打(にるいだ)となってさらに2失点(しってん)。1イニング7失点(しってん)喫し(きっし)て7-8と試合(しあい)をひっくり返されてしまった。

 しかし、それでも(こころ)折れ(おれ)なかった八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)。8(かい)にこの日大(にちだい)当たり(あたり)近藤(こんどう)が4(ほん)()安打(あんだ)放っ(はなっ)出塁(しゅつるい)すると、二死(にし)ながら二塁(にるい)まで走者(そうしゃ)進め(すすめ)下山(しもやま)(のぼる)(だい)起死回生(きしかいせい)適時(てきじ)二塁打(にるいだ)。8-8の同点(どうてん)追いつく(おいつく)と、9(かい)には二死(にし)ながら満塁(まんるい)とし、守備(しゅび)からの途中(とちゅう)出場(しゅつじょう)でこの()最初(さいしょ)打席(だせき)となった(さわ)(なみ)大和(だいわ)初球(しょきゅう)叩い(たたい)一塁(いちるい)強襲(きょうしゅう)安打(あんだ)弾い(ひい)たボールが一塁(いちるい)(がわ)ファウルグラウンドを転々(てんてん)とする()()(しゃ)還り(かえり)、10-8と土壇場(どたんば)再び(ふたたび)リードを奪い返し(うばいかえし)た。

 9(かい)(うら)山田(やまだ)が2連続(れんぞく)三振(さんしん)奪う(うばう)など最後(さいご)(ちから)振り絞り(ふりしぼり)、73(きゅう)(ねつ)(とう)でリードを死守(ししゅ)最大(さいだい)6(てん)()逆転(ぎゃくてん)されながらも執念(しゅうねん)試合(しあい)をひっくり返した八戸(はちのへ)学院(がくいん)(こう)(ぼし)は、5(ねん)ぶりとなる(なつ)・3回戦(かいせん)への切符(きっぷ)掴ん(つかん)だ。

Loading