公園(こうえん)子ども(こども)遊ぶ(あそぶ)道具(どうぐ) 危険(きけん)なのに1(まん)(だい)がそのまま

(くに)(けん)などの公園(こうえん)では、子ども(こども)遊ぶ(あそぶ)ぶらんこなどの道具(どうぐ)を1(ねん)に1(かい)安全(あんぜん)かどうかチェックしなければなりません。 NHKは9月と10月、安全(あんぜん)のチェックについて大きな(おおきな)()東京(とうきょう)()()質問(しつもん)しました。95のうち67の()()規則(きそく)のとおりチェックしたと答え(こたえ)ました。 9(まん)(だい)ぐらいある遊び(あそび)道具(どうぐ)のうち、とても危険(きけん)事故(じこ)原因(げんいん)になりそうな道具(どうぐ)が1(まん)5300(だい)ぐらいあることがわかりました。その(なか)の1(まん)(だい)ぐらいは、(いま)もそのまま使っ(つかっ)ています。 NHKが調べる(しらべる)と、公園(こうえん)遊び(あそび)道具(どうぐ)での大きな(おおきな)事故(じこ)今年(ことし)3月までの12年間(ねんかん)に133(けん)あったことがわかりました。1(にん)亡くなっ(なくなっ)て、76(にん)大きな(おおきな)けがをしていました。 遊び(あそび)道具(どうぐ)事故(じこ)をなくす活動(かつどう)をしている団体(だんたい)は「(けん)()などはチェックの結果(けっか)知らせ(しらせ)て、危険(きけん)道具(どうぐ)をどうするか、みんなと話し合う(はなしあう)ことが必要(ひつよう)です」と話し(はなし)ています。

Loading