京都 舞妓たちが踊りの先生に正月のあいさつに行く

京都(きょうと) 舞妓(まいこ)たちが踊り(おどり)先生(せんせい)正月(しょうがつ)のあいさつに行く(いく)

京都(きょうと)では12月13(にち)は、正月(しょうがつ)迎える(むかえる)準備(じゅんび)始める(はじめる)事始め(ことはじめ)」の()です。芸妓(げいぎ)舞妓(まいこ)はこの()に、踊り(おどり)先生(せんせい)(うた)踊り(おどり)見せる(みせる)(みせ)正月(しょうがつ)のあいさつに行き(いき)ます。 祇園(ぎおん)では、踊り(おどり)先生(せんせい)井上(いのうえ)八千代(やちよ)さんのところに、きれいな着物(きもの)()芸妓(げいぎ)舞妓(まいこ)があいさつに行き(いき)ました。 正月(しょうがつ)鏡餅(かがみもち)がたくさん飾っ(かざっ)てある部屋(へや)で、芸妓(げいぎ)舞妓(まいこ)は「おめでとうございます。これからもよろしくお願いします」とあいさつしました。井上(いのうえ)さんは「おめでとうございます。ご苦労(さま)でした」と言っ(いっ)て、お祝いの扇子(せんす)をあげました。 18(さい)舞妓(まいこ)は「今年(ことし)自分(じぶん)足り(たり)ないことがたくさんわかったので、来年(らいねん)上手(じょうず)にできるように頑張り(がんばり)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading