コンビニのローソンが実験(じっけん) (よる)遅い(おそい)時間(じかん)店員(てんいん)がいない

コンビニのローソンは、横浜(よこはま)()(みせ)午前(ごぜん)()から午前(ごぜん)()まで売り場(うりば)やレジに店員(てんいん)がいない実験(じっけん)をしています。 (みせ)入り口(いりくち)機械(きかい)がQRコードか(かお)写真(しゃしん)(きゃく)をチェックできると、ドアが開き(ひらき)ます。(きゃく)自分(じぶん)でレジやスマートフォンを使っ(つかっ)てお金を払い(はらい)ます。 (さけ)やたばこは、店員(てんいん)(きゃく)年齢(ねんれい)をチェックできないため売り(うり)ません。宅配(たくはい)便(びん)やチケットの受け付け(うけつけ)もしません。 (みせ)()(ひと)悪い(わるい)ことをしないように、(みせ)にはいつもの3(ばい)の29(だい)のカメラを置い(おい)ています。 実験(じっけん)は6か月行い(おこない)ます。ローソンは「実験(じっけん)をしながら、24時間(じかん)(てん)開ける(あける)にはどうしたらいいか考え(かんがえ)ていきたいです」と話し(はなし)ています。

Loading