東京(とうきょう)日本(にっぽん)でいちばん高い(たかい)330mのビルを建てる(たてる)計画(けいかく)

東京(とうきょう)虎ノ門(とらのもん)麻布台(あざぶだい)地区(ちく)(たか)さ330m、64(かい)建て(だて)のビルができることになりました。「(もり)ビル」という会社(かいしゃ)が2023(ねん)3月までに建てる(たてる)予定(よてい)です。大阪(おおさか)()にある(たか)さ300mの「あべのハルカス」より高く(たかく)なって、日本(にっぽん)でいちばん高い(たかい)ビルになります。 建てる(たてる)のにかかるお金は5800(おく)(えん)ぐらいです。ビルの(なか)にはいろいろな会社(かいしゃ)事務所(じむしょ)入っ(はいっ)て、54(かい)より(うえ)(ひと)住む(すむ)場所(ばしょ)になります。 東京(とうきょう)では高い(たかい)ビルを建てる(たてる)計画(けいかく)続い(つずい)ています。2027(ねん)ごろにはJRの東京(とうきょう)(えき)北側(きたがわ)(たか)さ390mのビルができる予定(よてい)です。 世界(せかい)大きな(おおきな)都市(とし)では高い(たかい)ビルが増え(ふえ)ています。いろいろな(くに)会社(かいしゃ)集まっ(あつまっ)て、ビジネスの中心(ちゅうしん)になっています。(もり)ビルの社長(しゃちょう)は「このビルが東京(とうきょう)のシンボルになってほしいです」と話し(はなし)ています。

Loading