iPhoneでアプリごとにデータ通信(つうしん)する・しないを設定(せってい)する

 iPhoneでアプリごとにモバイルデータ通信の項目(こうもく)をオン/オフに切り替え(きりかえ)られるのはご存知でしょうか。この()機能(きのう)は、大手(おおて)キャリアから発売(はつばい)されいる一部(いちぶ)のケータイ(フィーチャーフォン)などに搭載(とうさい)されています。

 たとえば、データ通信を使っ(つかっ)(ぶん)応じ(おうじ)変動(へんどう)する料金(りょうきん)プランや、少ない(すくない)月間(げっかん)データ通信容量(ようりょう)のプランを契約(けいやく)している(ひと)にとって、常に(つねに)通信(つうしん)をして料金(りょうきん)高額(こうがく)になっていくのは好ましく(このましく)ないでしょう。

 動画(どうが)やゲームなど、大量(たいりょう)のデータ通信(つうしん)をしてしまうアプリのモバイルデータ通信(つうしん)制限(せいげん)して、Wi-Fi接続(せつぞく)()のみ通信(つうしん)するように設定(せってい)できます。これにより、モバイルデータ通信(つうしん)(りょう)節約(せつやく)することができます。早速(さっそく)設定(せってい)変更(へんこう)してみましょう。

 まずは、iPhoneの「設定(せってい)」を開き(ひらき)、「モバイル通信(つうしん)」をタップします。

 アプリごとに項目(こうもく)がありますので、(かく)アプリの右側(みぎがわ)にあるスイッチをタップして、モバイルデータ通信のオン/オフを切り替え(きりかえ)てみましょう。

 モバイルデータ通信(つうしん)をオフにしたアプリでのネット接続(せつぞく)は、iPhoneをWi-Fi接続(せつぞく)している(とき)のみ可能(かのう)です。もし使わ(つかわ)ないアプリで一切(いっさい)通信(つうしん)したくないという(ほう)はアプリそのものを削除(さくじょ)するのも方法(ほうほう)の1つです。

筆者(ひっしゃ)紹介(しょうかい)金子(かねこ) 麟太郎(りんたろう)

 14(さい)(ころ)から、パソコンやタブレットで作曲(さっきょく)する。CD制作(せいさく)にも取り組む(とりくむ)うちに、機械(きかい)にも興味(きょうみ)持ち(もち)、2016(ねん)(20(さい))からITに関連(かんれん)する企業(きぎょう)取材(しゅざい)し、記事(きじ)執筆(しっぴつ)する活動(かつどう)始める(はじめる)

Loading