宇宙(うちゅう)研究(けんきゅう)をする「ハイパーカミオカンデ」をつくる計画(けいかく)

岐阜(ぎふ)(けん)飛騨(ひだ)()に「カミオカンデ」と「スーパーカミオカンデ」という建物(たてもの)があります。宇宙(うちゅう)研究(けんきゅう)のために、物質(ぶっしつ)作っ(つくっ)ている最も(もっとも)小さい(ちいさい)粒子(りゅうし)の1つ「ニュートリノ」を調べ(しらべ)ています。この地下(ちか)にある建物(たてもの)研究(けんきゅう)行っ(おこなっ)た2(にん)が、ノーベル(しょう)をもらっています。 文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)は、ニュートリノなどをもっとよく調べる(しらべる)ため、飛騨(ひだ)()新しく(あたらしく)「ハイパーカミオカンデ」をつくる予定(よてい)です。地下(ちか)650mの(ところ)に、直径(ちょっけい)が70mぐらい、(ふか)さが60mの水槽(すいそう)をつくって、宇宙(うちゅう)から来る(くる)ニュートリノを調べ(しらべ)ます。ハイパーカミオカンデをつくるためには670(おく)(えん)以上(いじょう)必要(ひつよう)です。 文部(もんぶ)科学(かがく)(しょう)は、2025(ねん)から2029(ねん)()にハイパーカミオカンデを使い(つかい)始める(はじめる)計画(けいかく)です。ニュートリノと反対(はんたい)性質(せいしつ)がある「(はん)ニュートリノ」などを調べる(しらべる)ことにしています。

Loading