地震(じしん)壊れ(こわれ)熊本(くまもと)(じょう)一部(いちぶ)見る(みる)ことができるようになる

熊本(くまもと)()にある熊本(くまもと)(じょう)は3(ねん)(はん)(まえ)地震(じしん)壊れ(こわれ)ましたが、(しろ)でいちばん高い(たかい)(だい)天守(てんしゅ)」という建物(たてもの)外側(そとがわ)はほとんど直り(なおり)ました。このため熊本(くまもと)()は5(にち)から、(しろ)一部(いちぶ)入る(はいる)ことができるようにしました。午後(ごご)()楽しみ(たのしみ)待っ(まっ)ていた(ひと)たちがどんどん(しろ)(なか)入っ(はいっ)ていきました。 入る(はいる)ことができるのは、二の丸(にのまる)広場(ひろば)から(だい)天守(てんしゅ)(まえ)にある広場(ひろば)までの450mの(みち)です。立派(りっぱ)(かたち)戻っ(もどっ)(だい)天守(てんしゅ)や、壊れ(こわれ)たままの石垣(いしがき)近く(ちかく)見る(みる)ことができます。 70(さい)男性(だんせい)は「小さい(ちいさい)ときから(しろ)一緒(いっしょ)だったので、本当に(ほんとうに)うれしいです。(しろ)(まえ)のような(かたち)戻る(もどる)と、(わたし)たちも元気(げんき)になります」と話し(はなし)ていました。 熊本(くまもと)(じょう)(だい)天守(てんしゅ)は、来年(らいねん)3月の終わり(おわり)まで日曜日(にちようび)祝日(しゅくじつ)今月(こんげつ)14(にち)までは、平日(へいじつ)午後(ごご)土曜日(どようび)にも見る(みる)ことができます。

Loading