北海道の地震から1年 亡くなった人のために花を置いて祈る

北海道(ほっかいどう)地震(じしん)から1(ねん) 亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために(はな)置い(おい)祈る(いのる)

北海道(ほっかいどう)大きく(おおきく)揺れる(ゆれる)地震(じしん)起こっ(おこっ)てから、6(にち)で1(ねん)になりました。厚真(あつま)(まち)では、(やま)崩れ(くずれ)(どろ)などが流れ(ながれ)てきて560以上(いじょう)(いえ)壊れ(こわれ)ました。地震(じしん)原因(げんいん)病気(びょうき)になった(ひと)足す(たす)と37(にん)亡くなり(なくなり)ました。 19(にん)亡くなっ(なくなっ)吉野(よしの)地区(ちく)には、亡くなっ(なくなっ)(ひと)のために(はな)置く(おく)(だい)用意(ようい)されました。亡くなっ(なくなっ)(ひと)家族(かぞく)友達(ともだち)が、(あさ)早くから(はやくから)(はな)置い(おい)祈っ(いのっ)ていました。 地震(じしん)多く(おおく)友達(ともだち)亡くなっ(なくなっ)たという女性(じょせい)は「地震(じしん)から1(ねん)過ぎ(すぎ)ましたが、地震(じしん)があったことが信じ(しんじ)られません。亡くなっ(なくなっ)友達(ともだち)にまた会い(あい)たいです」と話し(はなし)ていました。 大きな(おおきな)被害(ひがい)があった厚真(あつま)(まち)安平(やすひら)(まち)、むかわ(まち)では、(いま)も449の家庭(かてい)の762(にん)自分(じぶん)(いえ)戻る(もどる)ことができなくて、仮設(かせつ)住宅(じゅうたく)などで生活(せいかつ)しています。仮設(かせつ)住宅(じゅうたく)などに住む(すむ)ことができるのは、来年(らいねん)(あき)までです。そのあとに住む(すむ)場所(ばしょ)をどうするか、十分(じゅうぶん)計画(けいかく)必要(ひつよう)です。

Loading