セブンーイレブン おにぎりや弁当の消費期限を長くする

セブンーイレブン おにぎりや弁当(べんとう)消費(しょうひ)期限(きげん)長く(ながく)する

コンビニのセブンーイレブンは9月から、おにぎりや弁当(べんとう)などを安全(あんぜん)食べる(たべる)ことができる消費(しょうひ)期限(きげん)(いま)までよりも長く(ながく)しました。 どのぐらい長く(ながく)するかは、品物(しなもの)違い(ちがい)ます。会社(かいしゃ)は、工場(こうじょう)(いま)までよりきれいになったため、長く(ながく)しても(まえ)同じ(おなじ)ぐらい安全(あんぜん)だと言っ(いっ)ています。 (いま)までは(みせ)で1(にち)に7(かい)弁当(べんとう)などの消費(しょうひ)期限(きげん)をチェックしていましたが、5(かい)にしました。会社(かいしゃ)は、(みせ)働く(はたらく)(ひと)仕事(しごと)減らす(へらす)ことができると言っ(いっ)ています。 働く(はたらく)(ひと)足り(たり)ないことが社会(しゃかい)問題(もんだい)になっています。コンビニの会社(かいしゃ)(みせ)働く(はたらく)(ひと)仕事(しごと)減らす(へらす)ことが大事(だいじ)だと考え(かんがえ)ています。

Loading