日本とアメリカ 貿易の新しいルールの話し合いがまとまる

日本(にっぽん)とアメリカ 貿易(ぼうえき)新しい(あたらしい)ルールの話し合い(はなしあい)がまとまる

日本(にっぽん)太平洋(たいへいよう)周り(まわり)にある10の(くに)と「TPP」という貿易(ぼうえき)のルールを決め(きめ)ていますが、アメリカはこの(なか)入り(はいり)ませんでした。このため、日本(にっぽん)とアメリカは貿易(ぼうえき)新しい(あたらしい)ルールを作る(つくる)ために話し合い(はなしあい)をしてきました。 26(にち)日本(にっぽん)安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)とアメリカのトランプ大統領(だいとうりょう)がニューヨークで会っ(あっ)て、話し合い(はなしあい)がまとまりました。 新しい(あたらしい)ルールでは、TPPで決まっ(きまっ)ている範囲(はんい)で、日本(にっぽん)がアメリカからの農産物(のうさんぶつ)輸入(ゆにゅう)認める(みとめる)ことになりました。安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)とトランプ大統領(だいとうりょう)は、新しい(あたらしい)ルールのとおりに貿易(ぼうえき)続い(つずい)ている()は、アメリカが日本(にっぽん)から輸入(ゆにゅう)する(くるま)関税(かんぜい)(いま)より高く(たかく)しないことを確認(かくにん)しました。 安倍(あべ)総理(そうり)大臣(だいじん)は「日本(にっぽん)(ひと)にもアメリカの(ひと)にも利益(りえき)があるルールになりました。2つの(くに)経済(けいざい)必ず(かならず)発展(はってん)すると思い(おもい)ます」と話し(はなし)ました。

Loading