東日本大震災で被害があった釜石市でラグビーの試合

東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)被害(ひがい)があった釜石(かまいし)()でラグビーの試合(しあい)

2011(ねん)東日本(ひがしにっぽん)大震災(だいしんさい)のとき、地震(じしん)津波(つなみ)大きな(おおきな)被害(ひがい)があった岩手(いわて)(けん)釜石(かまいし)()で25(にち)、ラグビーのワールドカップの試合(しあい)がありました。フィジーとウルグアイが試合(しあい)をしました。 試合(しあい)(まえ)釜石(かまいし)()住む(すむ)小学生(しょうがくせい)中学生(ちゅうがくせい)大きな(おおきな)(はた)持っ(もっ)会場(かいじょう)入り(はいり)ました。(はた)には釜石(かまいし)()助け(たすけ)てくれた世界(せかい)(ひと)への感謝(かんしゃ)気持ち(きもち)英語(えいご)書い(かい)てありました。このあと選手(せんしゅ)たちが会場(かいじょう)入っ(はいっ)て、地震(じしん)津波(つなみ)亡くなっ(なくなっ)(ひと)たちのために、みんなで静か(しずか)祈り(いのり)ました。 試合(しあい)会場(かいじょう)になったスタジアムは、地震(じしん)津波(つなみ)壊れ(こわれ)小学校(しょうがっこう)があったところです。会場(かいじょう)では1(まん)4000(にん)試合(しあい)()ました。釜石(かまいし)()漁業(ぎょぎょう)盛ん(さかん)なので、たくさん(さかな)がとれたときに(ふね)飾る(かざる)(はた)振っ(ふっ)応援(おうえん)する(ひと)もいました。 試合(しあい)はウルグアイが30−27で勝ち(かち)ました。ウルグアイのキャプテンは「釜石(かまいし)()試合(しあい)ができたことを誇り(ほこり)思い(おもい)ます」と話し(はなし)ました。

Loading