「はやぶさ2」が世界(せかい)初めて(はじめて)人工(じんこう)のクレーターをつくった

日本(にっぽん)のJAXAは、地球(ちきゅう)から3(おく)kmの(ところ)にあるリュウグウという小さい(ちいさい)(ほし)調べる(しらべる)ため、4(ねん)ぐらい(まえ)に「はやぶさ2」を打ち上げ(うちあげ)ました。 「はやぶさ2」は4月5(にち)、リュウグウに金属(きんぞく)(かたまり)強く(つよく)ぶつけました。そのあと25(にち)、「はやぶさ2」は、強く(つよく)ぶつけた(ところ)画像(がぞう)(たか)さ1700mから撮り(とり)ました。 25(にち)撮っ(とっ)画像(がぞう)には、周り(まわり)より低く(ひくく)なっている(ところ)がうつっていました。これは「はやぶさ2」がつくった世界(せかい)初めて(はじめて)人工(じんこう)のクレーターだとJAXAは発表(はっぴょう)しました。JAXAによると、地面(じめん)は10m以上(いじょう)範囲(はんい)低く(ひくく)なっています。 JAXAは「世界(せかい)初めて(はじめて)人工(じんこう)のクレーターができて、とてもうれしいです。これからクレーターを詳しく(くわしく)調べ(しらべ)たいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。

Loading