荷物(にもつ)届ける(とどける)いろいろな(くに)のロボットが集まっ(あつまっ)

荷物(にもつ)届ける(とどける)会社(かいしゃ)では働く(はたらく)(ひと)足り(たり)なくなっています。荷物(にもつ)増え(ふえ)たため、特に(とくに)(いえ)会社(かいしゃ)などに1(けん)ずつ荷物(にもつ)届ける(とどける)(ひと)足り(たり)ません。このため、荷物(にもつ)届ける(とどける)会社(かいしゃ)(くに)は、(ひと)代わり(かわり)自動(じどう)走る(はしる)ロボットを使お(つかお)うと考え(かんがえ)ています。 24(にち)経済(けいざい)産業(さんぎょう)(しょう)日本(にっぽん)やアメリカ、中国(ちゅうごく)などの会社(かいしゃ)作っ(つくっ)たロボットを集め(あつめ)て、どのように走る(はしる)かなどをチェックしました。 アメリカのロボットは、狭い(せまい)(みち)でも(ひと)などにぶつからないように走る(はしる)ことができます。日本(にっぽん)のロボットはカメラやセンサーで周り(まわり)()て、(ひと)近く(ちかく)通る(とおる)とき「こんにちは」と言い(いい)ます。 アメリカやヨーロッパでは、このようなロボットが(みち)走る(はしる)ことができる新しい(あたらしい)法律(ほうりつ)作り(つくり)始め(はじめ)ています。しかし、日本(にっぽん)(いま)法律(ほうりつ)ではみんなが利用(りよう)する(みち)走る(はしる)ことはできません。 (くに)来年(らいねん)3月までに、ロボットが安全(あんぜん)走る(はしる)ためのルールの(あん)をいろいろな会社(かいしゃ)一緒(いっしょ)考え(かんがえ)ます。

Loading