「核兵器をなくしてほしい」高校生が国連に署名を届ける

核兵器(かくへいき)をなくしてほしい」高校生(こうこうせい)国連(こくれん)署名(しょめい)届ける(とどける)

毎年(まいとし)8月、日本(にっぽん)高校生(こうこうせい)国連(こくれん)行っ(いっ)て「核兵器(かくへいき)をなくしてほしい」と伝える(つたえる)活動(かつどう)をしています。この活動(かつどう)は、インドとパキスタンが核兵器(かくへいき)実験(じっけん)をした1998(ねん)長崎(ながさき)(ひと)たちが始め(はじめ)ました。 今年(ことし)は16の都道府県(とどうふけん)から集まっ(あつまっ)た23(にん)高校生(こうこうせい)がスイスにある国連(こくれん)のヨーロッパ本部(ほんぶ)行き(いき)ました。原爆(げんばく)落とさ(おとさ)れた広島(ひろしま)長崎(ながさき)高校生(こうこうせい)行き(いき)ました。高校生(こうこうせい)たちは、核兵器(かくへいき)をなくしてほしいと願っ(ねがっ)ている世界(せかい)(ひと)たち21(まん)5547(にん)署名(しょめい)届け(とどけ)ました。 広島(ひろしま)高校(こうこう)年生(ねんせい)牟田(むた)(ゆう)一郎(いちろう)さんは、祖父(そふ)被爆(ひばく)しました。牟田(むた)さんは「祖父(そふ)たちから聞い(きい)経験(けいけん)をこれからも伝え(つたえ)たいと強く(つよく)思い(おもい)ました」と話し(はなし)ていました。 高校生(こうこうせい)たちは1998(ねん)からの活動(かつどう)で200(まん)(にん)以上(いじょう)署名(しょめい)国連(こくれん)届け(とどけ)ました。

Loading