タピオカの輸入(ゆにゅう)関西(かんさい)でとても増え(ふえ)ている

大阪(おおさか)税関(ぜいかん)によると、今年(ことし)の1月から6月までに関西(かんさい)輸入(ゆにゅう)したタピオカは633tで、去年(きょねん)同じ(おなじ)ときの20(ばい)以上(いじょう)になりました。全部(ぜんぶ)台湾(たいわん)から輸入(ゆにゅう)しています。 タピオカは暑い(あつい)(ところ)でできる(いも)から作っ(つくっ)食べ物(たべもの)で、最近(さいきん)若い(わかい)(ひと)()紅茶(こうちゃ)などに入れ(いれ)飲む(のむ)ことが流行(りゅうこう)しています。大阪(おおさか)ではタピオカを入れ(いれ)飲み物(のみもの)売る(うる)(みせ)がたくさんできていて、今月(こんげつ)売り上げ(うりあげ)去年(きょねん)の4月の10(ばい)になったという(みせ)もあります。この(みせ)店長(てんちょう)は「台湾(たいわん)文化(ぶんか)のタピオカを日本(にっぽん)(ひと)楽しん(たのしん)でくれてうれしいです」と言っ(いっ)ていました。

Loading