絶滅したと言われるオオスナモグリが生きて見つかった可能性

絶滅(ぜつめつ)したと言わ(いわ)れるオオスナモグリが生き(いき)見つかっ(みつかっ)可能(かのう)(せい)

「オオスナモグリ」は固い(かたい)はさみがある生き物(いきもの)で、えびやかにの仲間(なかま)です。関東(かんとう)から沖縄(おきなわ)の50(まん)(ねん)から8(まん)(ねん)ぐらい(まえ)()(すな)(なか)から化石(かせき)見つかっ(みつかっ)ています。(いま)までに見つかっ(みつかっ)たのは化石(かせき)だけのため、専門(せんもん)()は、オオスナモグリは全部(ぜんぶ)いなくなって絶滅(ぜつめつ)したと考え(かんがえ)ていました。 千葉(ちば)県立(けんりつ)中央(ちゅうおう)博物館(はくぶつかん)は、3(ねん)(まえ)と2(ねん)(まえ)高知(こうち)(けん)静岡(しずおか)(けん)(うみ)(すな)(なか)から見つかっ(みつかっ)生き物(いきもの)調べ(しらべ)ました。そして、この生き物(いきもの)はオオスナモグリの可能(かのう)(せい)高い(たかい)言い(いい)ました。 博物館(はくぶつかん)によると、見つかっ(みつかっ)生き物(いきもの)(からだ)が10cmぐらいで、(いま)日本(にっぽん)にいる「ニホンスナモグリ」より1.5(ばい)ぐらい大きい(おおきい)です。DNAもニホンスナモグリなどと違い(ちがい)ます。 千葉(ちば)県立(けんりつ)中央(ちゅうおう)博物館(はくぶつかん)では、6(にち)からこの生き物(いきもの)標本(ひょうほん)見る(みる)ことができます。

Loading