セブン&アイと日本コカ・コーラ リサイクルで協力する

セブン&アイと日本(にっぽん)コカ・コーラ リサイクルで協力(きょうりょく)する

セブン&アイ・ホールディングスと日本(にっぽん)コカ・コーラは、プラスチックのゴミを減らす(へらす)ために、協力(きょうりょく)してペットボトルをリサイクルすることにしました。 セブン&アイは、使い(つかい)終わっ(おわっ)たペットボトルを(きゃく)から集める(あつめる)機械(きかい)をコンビニやスーパーに置き(おき)ます。日本(にっぽん)コカ・コーラは、集め(あつめ)たペットボトルを原料(げんりょう)にして作っ(つくっ)たボトルに飲み物(のみもの)入れ(いれ)売り(うり)ます。 今月(こんげつ)10(にち)から、このボトルを使っ(つかっ)緑茶(りょくちゃ)売り(うり)始め(はじめ)ます。これから、緑茶(りょくちゃ)以外(いがい)売る(うる)予定(よてい)です。 日本(にっぽん)集め(あつめ)たプラスチックのゴミは、たくさん中国(ちゅうごく)輸出(ゆしゅつ)していました。しかし、中国(ちゅうごく)がプラスチックのゴミの輸入(ゆにゅう)をやめたため、日本(にっぽん)でリサイクルしなければなりません。 日本(にっぽん)コカ・コーラは「プラスチックのごみの問題(もんだい)は1つの会社(かいしゃ)だけでは解決(かいけつ)できません。これからも協力(きょうりょく)する会社(かいしゃ)増やし(ふやし)ていきます」と話し(はなし)ています。

Loading