体操 日本選手の名前「ヨネクラ」が新しい技の名前になる

体操(たいそう) 日本(にっぽん)選手(せんしゅ)名前(なまえ)「ヨネクラ」が新しい(あたらしい)(わざ)名前(なまえ)になる

今年(ことし)2月にオーストラリアで体操(たいそう)のワールドカップがありました。福岡大学(ふくおかだいがく)年生(ねんせい)米倉(よねくら)英信(えいしん)選手(せんしゅ)が「跳馬(ちょうば)」に()て、新しい(あたらしい)(わざ)見せ(みせ)ました。 これは、跳馬(ちょうば)横向き(よこむき)()置い(おい)て、(からだ)をまっすぐにして宙返り(ちゅうがえり)をしながら(からだ)を3(かい)(はん)ひねる (わざ)です。 国際(こくさい)体操(たいそう)連盟(れんめい)は、この(わざ)名前(なまえ)を「ヨネクラ」にすると決め(きめ)ました。この(わざ)は6.0(てん)で、跳馬(ちょうば)(なか)でいちばん難しい(むずかしい)(わざ)の1つになります。 米倉(よねくら)選手(せんしゅ)去年(きょねん)からこの(わざ)始め(はじめ)ていましたが、今年(ことし)2月のワールドカップで初めて(はじめて)成功(せいこう)することができました。 米倉(よねくら)選手(せんしゅ)は「オリンピックでメダルをとることが目標(もくひょう)です。そのために、日本(にっぽん)代表(だいひょう)になって、東京(とうきょう)オリンピックに()たいです」と話し(はなし)ています。

Loading