法律の専門家以外の人も参加する「裁判員制度」が10年

法律(ほうりつ)専門(せんもん)()以外(いがい)(ひと)参加(さんか)する「裁判(さいばん)(いん)制度(せいど)」が10(ねん)

法律(ほうりつ)専門(せんもん)()ではない(ひと)たちも裁判(さいばん)参加(さんか)する「裁判(さいばん)(いん)制度(せいど)」が始まっ(はじまっ)て、21(にち)で10(ねん)になりました。(いま)までに9(まん)(にん)裁判(さいばん)(いん)参加(さんか)して、(やく)(まん)2000(にん)被告(ひこく)判決(はんけつ)()ました。 (ひと)殺し(ころし)事件(じけん)性的(せいてき)暴行(ぼうこう)事件(じけん)では、裁判(さいばん)(いん)参加(さんか)したときは、裁判官(さいばんかん)だけのときよりも(けい)重く(おもく)なっていました。そして、裁判(さいばん)(いん)参加(さんか)したときは、被告(ひこく)にもう一度頑張っ(がんばっ)てほしいという気持ち(きもち)判決(はんけつ)考える(かんがえる)ことが多く(おおく)なっています。 東京(とうきょう)で21(にち)裁判(さいばん)(いん)選ば(えらば)れてもできないと言う(いう)(ひと)増え(ふえ)ている問題(もんだい)について会議(かいぎ)がありました。裁判(さいばん)(いん)経験(けいけん)がある男性(だんせい)は、裁判(さいばん)(いん)選ば(えらば)れたとき会社(かいしゃ)(ひと)困っ(こまっ)ていたため、裁判所(さいばんしょ)から会社(かいしゃ)にも連絡(れんらく)してほしいと話し(はなし)ました。検察庁(けんさつちょう)(ひと)は、裁判(さいばん)必要(ひつよう)期間(きかん)短く(みじかく)して参加(さんか)しやすいようにしたいと話し(はなし)ました。裁判所(さいばんしょ)(ひと)は「裁判(さいばん)(いん)になった(ひと)のうち96%がいい経験(けいけん)だったと答え(こたえ)ています。このことをもっと知っ(しっ)てほしいです」と話し(はなし)ました。

Loading