原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)事故(じこ)があった福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち)役場(やくば)戻る(もどる)

福島(ふくしま)(けん)大熊(おおくま)(まち)は、2011(ねん)原子力(げんしりょく)発電(はつでん)(しょ)事故(じこ)があったあと、(ひと)住む(すむ)ことができなくなりました。(くに)放射線(ほうしゃせん)(りょう)少なく(すくなく)する作業(さぎょう)をして、今年(ことし)4月10(にち)から大熊(おおくま)(まち)一部(いちぶ)(ひと)住む(すむ)ことができるようになりました。 (まち)役場(やくば)も7(にち)新しい(あたらしい)建物(たてもの)仕事(しごと)始め(はじめ)ました。事故(じこ)のあと、役場(やくば)福島(ふくしま)(けん)(べつ)()などで仕事(しごと)をしていました。 渡辺(わたなべ)(とし)(つな)町長(ちょうちょう)仕事(しごと)始める(はじめる)(まえ)に、(やく)80(にん)職員(しょくいん)に「(まち)(ひと)たちが安心(あんしん)することができる安全(あんぜん)(まち)にしましょう」と話し(はなし)ました。

Loading