日本語(にほんご)学校(がっこう)基準(きじゅん)厳しく(きびしく)する」

留学生(りゅうがくせい)日本語(にほんご)勉強(べんきょう)するための日本語(にほんご)学校(がっこう)日本(にっぽん)に750ぐらいあります。しかし、(くに)によると日本語(にほんご)教育(きょういく)十分(じゅうぶん)ではない学校(がっこう)もあります。このため(くに)は、留学生(りゅうがくせい)入れ(いれ)てもいい学校(がっこう)かどうかを決める(きめる)基準(きじゅん)(いま)より厳しく(きびしく)しようと考え(かんがえ)ています。 (いま)基準(きじゅん)では、学生(がくせい)みんなの出席(しゅっせき)(りつ)平均(へいきん)が1か月で50%より低い(ひくい)学校(がっこう)は、新しい(あたらしい)留学生(りゅうがくせい)入れる(いれる)ことができません。新しい(あたらしい)基準(きじゅん)(あん)では、半年(はんとし)で70%より低い(ひくい)学校(がっこう)にします。 日本語(にほんご)のレベルも、その学校(がっこう)学生(がくせい)の70%以上(いじょう)が、大学(だいがく)などへの入学(にゅうがく)生活(せいかつ)会話(かいわ)ができるようにします。3(ねん)続け(つずけ)てこのレベルにならなかった学校(がっこう)は、新しい(あたらしい)留学生(りゅうがくせい)入れる(いれる)ことができません。 (くに)はこの(あん)についてみんなの意見(いけん)聞い(きい)たあと、新しい(あたらしい)基準(きじゅん)決める(きめる)予定(よてい)です。

Loading