働く外国人を増やす制度が始まって初めての試験を行う

働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)増やす(ふやす)制度(せいど)始まっ(はじまっ)初めて(はじめて)試験(しけん)行う(おこなう)

日本(にっぽん)働く(はたらく)外国(がいこく)(じん)増やす(ふやす)ために、4月から14の仕事(しごと)について「特定(とくてい)技能(ぎのう)」という新しい(あたらしい)ビザの制度(せいど)始まり(はじまり)ました。このビザは、日本語(にほんご)試験(しけん)と、仕事(しごと)必要(ひつよう)技術(ぎじゅつ)などをチェックする技能(ぎのう)試験(しけん)合格(ごうかく)した外国(がいこく)(じん)取る(とる)ことができます。 14(にち)、ホテルなどで働き(はたらき)たい(ひと)受ける(うける)試験(しけん)が7つの場所(ばしょ)でありました。新しい(あたらしい)制度(せいど)始まっ(はじまっ)てから日本(にっぽん)では初めて(はじめて)技能(ぎのう)試験(しけん)で、東京(とうきょう)では(やく)130(にん)受け(うけ)ました。フロントの仕事(しごと)(きゃく)話す(はなす)ときのマナーなどについての試験(しけん)と、(きゃく)話す(はなす)日本語(にほんご)会話(かいわ)試験(しけん)がありました。 バングラデシュの25(さい)男性(だんせい)は「日本(にっぽん)仕事(しごと)をしたいので留学(りゅうがく)しました。試験(しけん)合格(ごうかく)したら、ホテルのフロントの仕事(しごと)などをやってみたいです」と話し(はなし)ていました。 14(にち)試験(しけん)には761(にん)申し込み(もうしこみ)ました。5月25(にち)結果(けっか)発表(はっぴょう)があります。

Loading