生活や産業を変えたすばらしい技術や製品を選ぶ

生活(せいかつ)産業(さんぎょう)変え(かえ)たすばらしい技術(ぎじゅつ)製品(せいひん)選ぶ(えらぶ)

国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)は2008(ねん)から毎年(まいとし)(わたし)たちの生活(せいかつ)産業(さんぎょう)変え(かえ)日本(にっぽん)のすばらしい技術(ぎじゅつ)製品(せいひん)選ん(えらん)で、「未来(みらい)技術(ぎじゅつ)遺産(いさん)」にしています。今年(ことし)は26の技術(ぎじゅつ)製品(せいひん)選び(えらび)ました。 この(なか)の1つは、1959(ねん)(いま)のニコンが作っ(つくっ)た「ニコンF」というカメラです。とても性能(せいのう)がよかったため、プロの写真(しゃしん)()だけではなくて、たくさんの(ひと)がこのカメラを使い(つかい)ました。このカメラのおかげで、日本(にっぽん)のカメラ産業(さんぎょう)世界(せかい)で1(ばん)になったと言わ(いわ)れています。 ほかに、1984(ねん)にソニーが作っ(つくっ)た「ポータブルCDプレーヤー」も選ば(えらば)れました。小さく(ちいさく)て、歩き(あるき)ながらCDを聞く(きく)ことができる機械(きかい)です。ソニーがこの機械(きかい)世界(せかい)初めて(はじめて)作っ(つくっ)て、世界中(せかいじゅう)でCDを聞く(きく)(ひと)増え(ふえ)ました。 国立(こくりつ)科学(かがく)博物館(はくぶつかん)(いま)までに選ん(えらん)だ「未来(みらい)技術(ぎじゅつ)遺産(いさん)」は、全部(ぜんぶ)で285になりました。

Loading