「どんなことが体罰になるか」ガイドラインを作る

「どんなことが体罰(たいばつ)になるか」ガイドラインを作る(つくる)

(おや)からの虐待(ぎゃくたい)子ども(こども)亡くなる(なくなる)事件(じけん)続い(つずい)ています。このため、今年(ことし)6月、(おや)がしつけで子ども(こども)悪い(わるい)ことをしてはいけないと教える(おしえる)とき、たたいたり蹴っ(けっ)たりする体罰(たいばつ)法律(ほうりつ)禁止(きんし)することになりました。 3(にち)厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)専門(せんもん)()集まっ(あつまっ)て、体罰(たいばつ)についてのガイドラインを作る(つくる)ために会議(かいぎ)始め(はじめ)ました。ガイドラインでは、(おや)がしてはいけないことを細かく(こまかく)説明(せつめい)します。 厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)によると、虐待(ぎゃくたい)子ども(こども)亡くなっ(なくなっ)たとき、(おや)などは「しつけのためにやったので体罰(たいばつ)ではない」と言う(いう)ことがあります。厚生(こうせい)労働省(ろうどうしょう)は、ガイドラインを作っ(つくっ)て、みんなに「体罰(たいばつ)はしつけではない」と知っ(しっ)てほしいと話し(はなし)ています。ガイドラインは今年(ことし)終わり(おわり)までに作る(つくる)予定(よてい)です。

Loading