入院(にゅういん)(ちゅう)赤ちゃん(あかちゃん)家族(かぞく)がいつも一緒(いっしょ)にいられる部屋(へや)ができた

医学(いがく)技術(ぎじゅつ)進ん(すすん)で、とても小さく(ちいさく)生まれ(うまれ)赤ちゃん(あかちゃん)や、重い(おもい)病気(びょうき)赤ちゃん(あかちゃん)元気(げんき)育つ(そだつ)ようになりました。しかし、このような赤ちゃん(あかちゃん)治療(ちりょう)入院(にゅういん)しているとき、家族(かぞく)(あか)ちゃんと長い(ながい)時間(じかん)一緒(いっしょ)にいることができませんでした。 神奈川(かながわ)県立(けんりつ)こども医療(いりょう)センターは、入院(にゅういん)している赤ちゃん(あかちゃん)家族(かぞく)一緒(いっしょ)生活(せいかつ)できる部屋(へや)を6つつくりました。 部屋(へや)には、家族(かぞく)寝る(ねる)ベッドがあります。(よる)治療(ちりょう)使う(つかう)ライトは、()ている家族(かぞく)起き(おき)ないように(ひかり)当たる(あたる)場所(ばしょ)狭く(せまく)しました。機械(きかい)(おと)聞こえ(きこえ)にくくするため、部屋(へや)には(とり)(こえ)などを流し(ながし)ています。 毎日(まいにち)赤ちゃん(あかちゃん)世話(せわ)()ているお母さんは「(いえ)同じ(おなじ)ように子ども(こども)一緒(いっしょ)にいることができます。安心(あんしん)できて子ども(こども)にも両親(りょうしん)にもとてもよいと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ていました。

Loading