若い(わかい)社員(しゃいん)奨学(しょうがく)(きん)返す(かえす)のを手伝う(てつだう)会社(かいしゃ)増える(ふえる)

若い(わかい)社員(しゃいん)(なか)には、学生(がくせい)のとき借り(かり)奨学(しょうがく)(きん)返す(かえす)のが大変(たいへん)(ひと)もいます。このため、奨学(しょうがく)(きん)返す(かえす)のを手伝う(てつだう)大きな(おおきな)会社(かいしゃ)増え(ふえ)ています。 「あおぞら銀行(ぎんこう)」は今年(ことし)4月から、働き(はたらき)始め(はじめ)て3(ねん)までの社員(しゃいん)に、まだ返し(かえし)ていないお金の15%までを払う(はらう)ことにしました。 「大和証券(だいわしょうけん)グループ本社(ほんしゃ)」も去年(きょねん)(なつ)から、社員(しゃいん)にお金を貸し(かし)て、奨学(しょうがく)(きん)(いち)()全部(ぜんぶ)返す(かえす)ことができるようにしました。会社(かいしゃ)貸す(かす)お金に利子(りし)はかかりません。 「トヨタ自動車」のグループは、大学(だいがく)大学院(だいがくいん)機械(きかい)などの技術(ぎじゅつ)勉強(べんきょう)している女子(じょし)学生(がくせい)に、1(ねん)に60(まん)(えん)貸し(かし)ています。その学生(がくせい)がグループの会社(かいしゃ)入っ(はいっ)たら、お金を返す(かえす)必要(ひつよう)はありません。 会社(かいしゃ)は、若い(わかい)社員(しゃいん)がお金で困ら(こまら)ないように手伝っ(てつだっ)て、能力(のうりょく)高い(たかい)(ひと)会社(かいしゃ)入っ(はいっ)てほしいと考え(かんがえ)ています。

Loading