山形市 大きい鍋で「芋煮」を作ってみんなで食べる

山形(やまがた)() 大きい(おおきい)(なべ)で「芋煮(いもに)」を作っ(つくっ)てみんなで食べる(たべる)

山形(やまがた)()で15(にち)直径(ちょっけい)6m50cmの大きい(おおきい)(なべ)で「芋煮(いもに)」を作る(つくる)イベントがありました。芋煮(いもに)山形(やまがた)(けん)(ひと)(むかし)からよく食べ(たべ)ている料理(りょうり)です。 (なべ)(なか)里芋(さといも)4t、ねぎ5000(ほん)牛肉(ぎゅうにく)1.4t、醤油(しょうゆ)砂糖(さとう)などを入れ(いれ)()ました。去年(きょねん)より5000(にん)多い(おおい)(まん)5000(にん)食べる(たべる)芋煮(いもに)ができました。 会場(かいじょう)()大勢(たいせい)(ひと)は、イベントに協力(きょうりょく)するため1(はい)300(えん)以上(いじょう)払っ(はらっ)て、(かわ)近く(ちかく)芋煮(いもに)食べ(たべ)ました。千葉(ちば)(けん)から()女性(じょせい)は「できたばかりの芋煮(いもに)はとてもおいしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading