千葉県 台風で壊れた屋根から家の中に雨が入る

千葉(ちば)(けん) 台風(たいふう)壊れ(こわれ)屋根(やね)から(いえ)(なか)(あめ)入る(はいる)

千葉(ちば)(けん)では9(にち)台風(たいふう)15(ごう)通っ(かよっ)て、たくさんの建物(たてもの)壊れ(こわれ)ました。16(にち)にたくさん(あめ)降っ(ふっ)て、壊れ(こわれ)屋根(やね)から(いえ)(なか)(あめ)入っ(はいっ)建物(たてもの)がたくさんありました。 千葉(ちば)(けん)市原(いちはら)()の74(さい)大野(おおの)光子(みつこ)さんは、50(ねん)ぐらい(まえ)建て(たて)た2(かい)建て(だて)(いえ)(おっと)一緒(いっしょ)住ん(すん)でいます。台風(たいふう)屋根(やね)壊れ(こわれ)たので、大野(おおの)さんは(あめ)入ら(はいら)ないように屋根(やね)にシートをかぶせていました。しかし(あめ)(いえ)(なか)入っ(はいっ)て、(ゆか)(みず)がたまったり、(たたみ)がぬれたりしました。 (いえ)直す(なおす)(みせ)(ひと)相談(そうだん)しましたが、新しい(あたらしい)(いえ)建て(たて)たほうがいいと言わ(いわ)れました。大野(おおの)さんは「この(いえ)にはもう住む(すむ)ことができないと思い(おもい)ます。本当に(ほんとうに)困っ(こまっ)ています」と話し(はなし)ていました。

Loading