サンフランシスコ市が電子たばこを売ることを禁止する

サンフランシスコ()電子(でんし)たばこを売る(うる)ことを禁止(きんし)する

アメリカのサンフランシスコ()は、若い(わかい)(ひと)たちに人気(にんき)がある「電子(でんし)たばこ」を(まち)(なか)売る(うる)ことを禁止(きんし)する規則(きそく)作り(つくり)ました。電子(でんし)たばこは、たばこなどのにおいがする液体(えきたい)電気(でんき)温め(あたため)(けむり)吸い(すい)ます。 ()は、インターネットで買っ(かっ)電子(でんし)たばこを(まち)(なか)届ける(とどける)ことも禁止(きんし)します。この規則(きそく)違反(いはん)すると罰金(ばっきん)払わ(はらわ)なければなりません。アメリカの大きな(おおきな)(まち)電子(でんし)たばこを禁止(きんし)するのは初めて(はじめて)です。この規則(きそく)は7か月()から始まる(はじまる)予定(よてい)です。 サンフランシスコ()職員(しょくいん)は、子ども(こども)たちをニコチンから守る(まもる)ためだと話し(はなし)ています。 サンフランシスコにある電子(でんし)たばこを作っ(つくっ)ている会社(かいしゃ)(ひと)は「この規則(きそく)ができると、大人(おとな)たちが(むかし)からあるたばこに戻っ(もどっ)てしまいます。(むかし)からあるたばこは、大勢(たいせい)(ひと)死ぬ(しぬ)原因(げんいん)になっているのに、禁止(きんし)されていません」と言っ(いっ)て、この規則(きそく)反対(はんたい)しています。

Loading