55年前の東京オリンピックの聖火台を岩手県や福島県で展示

55(ねん)(まえ)東京(とうきょう)オリンピックの聖火(せいか)(だい)岩手(いわて)(けん)福島(ふくしま)(けん)展示(てんじ)

1964(ねん)東京(とうきょう)オリンピックで使っ(つかっ)(きゅう)国立(こくりつ)競技(きょうぎ)(じょう)聖火(せいか)(だい)は、4(ねん)(まえ)から宮城(みやぎ)(けん)石巻(いしのまき)()借り(かり)ていました。そして、イベントで聖火(せいか)(だい)()をつけたりして、8(ねん)(まえ)大きな(おおきな)地震(じしん)があった(ところ)(ひと)たちが元気(げんき)になるようにしてきました。 聖火(せいか)(だい)持っ(もっ)ている団体(だんたい)は、岩手(いわて)(けん)福島(ふくしま)(けん)回っ(まわっ)聖火(せいか)(だい)展示(てんじ)することを決め(きめ)ました。もっとたくさんの(ひと)たちを元気(げんき)にして、来年(らいねん)東京(とうきょう)オリンピックについても知っ(しっ)てもらいたいと考え(かんがえ)たためです。 14(にち)聖火(せいか)(だい)運び(はこび)始め(はじめ)ました。聖火(せいか)(だい)(たか)さが2.1m、(ふと)さが2.1mもあるため、クレーンを使っ(つかっ)てトラックにのせました。 石巻(いしのまき)()体育(たいいく)協会(きょうかい)(ひと)は「うれしいような寂しい(さびしい)ような気持ち(きもち)です。岩手(いわて)(けん)福島(ふくしま)(けん)でもみんなを元気(げんき)にしてほしいです」と話し(はなし)ていました。

Loading