大相撲(おおずもう) 横綱(よこずな)(はく)(ほう)日本(にっぽん)国籍(こくせき)取る(とる)

モンゴルから()大相撲(おおずもう)横綱(よこずな)になった(はく)(ほう)が、日本(にっぽん)国籍(こくせき)取り(とり)ました。 (はく)(ほう)は34(さい)です。15(さい)だった2000(ねん)日本(にっぽん)相撲(すもう)始め(はじめ)て、2007(ねん)横綱(よこずな)になりました。優勝(ゆうしょう)は42(かい)勝っ(かっ)試合(しあい)(かず)は1132(かい)で、どちらも(いま)までの大相撲(おおずもう)(なか)でいちばん多い(おおい)(かず)です。 (はく)(ほう)は、将来(しょうらい)力士(りきし)をやめたあと、若い(わかい)力士(りきし)育てる(そだてる)親方(おやかた)になりたいと考え(かんがえ)ています。親方(おやかた)になるためには日本(にっぽん)国籍(こくせき)必要(ひつよう)です。 (はく)(ほう)は「自分(じぶん)生まれ(うまれ)たモンゴルを愛し(あいし)ているから、日本(にっぽん)愛する(あいする)ことができます。将来(しょうらい)強い(つよい)力士(りきし)育て(そだて)たいです」と話し(はなし)ています。

Loading