北海道地震 「助かった人のほとんどは2階にいた」

北海道(ほっかいどう)地震(じしん) 「助かっ(たすかっ)(ひと)のほとんどは2(かい)にいた」

去年(きょねん)9月6(にち)北海道(ほっかいどう)大きく(おおきく)揺れる(ゆれる)地震(じしん)がありました。震度(しんど)7だった厚真(あつま)(まち)では、(やま)から流れ(ながれ)てきた(どろ)(いえ)入っ(はいっ)て、21の家庭(かてい)で36(にん)亡くなり(なくなり)ました。 (いえ)(どろ)入っ(はいっ)家族(かぞく)亡くなり(なくなり)ましたが、自分(じぶん)助かっ(たすかっ)たという(ひと)が16(にん)いました。NHKが助かっ(たすかっ)(ひと)親戚(しんせき)(はなし)聞く(きく)と、14(にん)は2(かい)()ていました。 57(さい)男性(だんせい)は2(かい)にいて助かり(たすかり)ましたが、1(かい)にいた76(さい)母親(ははおや)亡くなり(なくなり)ました。男性(だんせい)は「(いえ)入っ(はいっ)てきた(どろ)は、1(かい)だけを流し(ながし)て、2(かい)残り(のこり)ました。母親(ははおや)も2(かい)()ていたら、助かっ(たすかっ)たと思い(おもい)ます」と話し(はなし)ています。 (あめ)がたくさん降っ(ふっ)(そと)逃げる(にげる)ことができなくなったときは、建物(たてもの)の2(かい)以上(いじょう)にいたほうがいいと言わ(いわ)れています。専門(せんもん)()は、地震(じしん)のときも2(かい)にいたほうが安全(あんぜん)だと言っ(いっ)ています。

Loading