手足口病が大きな流行 東京都「よく手を洗って気をつけて」

手足(てあし)(ぐち)(びょう)大きな(おおきな)流行(りゅうこう) 東京(とうきょう)()「よく()洗っ(あらっ)()をつけて」

手足(てあし)(ぐち)(びょう)子ども(こども)多い(おおい)病気(びょうき)で、()(あし)(くち)(なか)などに小さな(ちいさな)発疹(はっしん)ができます。(のう)炎症(えんしょう)出る(でる)こともあります。ウイルスでうつる病気(びょうき)で、毎年(まいとし)(なつ)病気(びょうき)になる(ひと)多く(おおく)なります。 東京(とうきょう)()によると、6月30(にち)までの1週間(しゅうかん)東京(とうきょう)()では、手足(てあし)(ぐち)(びょう)子ども(こども)は1325(にん)になりました。1つの病院(びょういん)平均(へいきん)で5.1(にん)でした。東京(とうきょう)()は4(にち)平均(へいきん)が5(にん)より多く(おおく)なったため、手足(てあし)(ぐち)(びょう)大きな(おおきな)流行(りゅうこう)になっているので()をつけるように発表(はっぴょう)しました。(まえ)にこのような発表(はっぴょう)をしたのは、2(ねん)(まえ)の7月でした。 手足(てあし)(ぐち)(びょう)は、せきやくしゃみでうつります。ほかにも、()についたウイルスが(くち)(なか)入っ(はいっ)てうつるため、東京(とうきょう)()小さな(ちいさな)子ども(こども)がいる家庭(かてい)では、よく()洗う(あらう)ように言っ(いっ)ています。

Loading