スーパーコンピューター「(きょう)」のスイッチを切る(きる)(しき)行う(おこなう)

神戸(こうべ)()にある理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)では、新しい(あたらしい)スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を使う(つかう)ことになりました。8月30(にち)(いま)まで使っ(つかっ)ていた「(きょう)」のスイッチを切る(きる)(しき)がありました。 理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)(ひと)は「少し(すこし)寂しい(さびしい)ですが、『富岳(ふがく)』も『(きょう)』と同じ(おなじ)ように役に立つ(やくにたつ)ようにしたいと思い(おもい)ます」とあいさつしました。そして理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)(ひと)などが、「(きょう)」が置い(おい)てある部屋(へや)で4つのスイッチを1つずつ切っ(きっ)ていきました。 (くに)計画(けいかく)でつくった「(きょう)」は2012(ねん)にできました。計算(けいさん)(はや)さで世界(せかい)で1(ばん)になったことがあります。ビッグデータを分析(ぶんせき)する能力(のうりょく)では、(なん)(かい)世界(せかい)で1(ばん)になりました。地震(じしん)被害(ひがい)予測(よそく)(くすり)研究(けんきゅう)などにとても役に立ち(やくにたち)ました。 「(きょう)」のあとに使う(つかう)富岳(ふがく)」は、「(きょう)」の100(ばい)速く(はやく)計算(けいさん)することができます。理化学研究所(りかがくけんきゅうしょ)は、2(ねん)あとに「富岳(ふがく)」を使い(つかい)始め(はじめ)たいと言っ(いっ)ています。

Loading