杉原(すぎはら)(せん)(うね)さんの息子(むすこ)とビザで助け(たすけ)られたユダヤ(じん)たちが会う(あう)

(だい)()世界(せかい)大戦(たいせん)のとき、日本(にっぽん)外交(がいこう)(かん)杉原(すぎはら)(せん)(うね)さんはリトアニアで仕事(しごと)をしていました。杉原(すぎはら)さんは、ナチスからリトアニアに逃げ(にげ)てきたユダヤ(じん)のために、日本(にっぽん)政府(せいふ)命令(めいれい)守ら(まもら)ないで、日本(にっぽん)通る(とおる)ビザを出し(だし)ました。このビザで、(やく)6000(にん)(いのち)助け(たすけ)たと言わ(いわ)れています。 アメリカのニューヨークで、ナチスとユダヤ(じん)歴史(れきし)から学ん(まなん)だことを考える(かんがえる)イベントがありました。このイベントには、杉原(すぎはら)(せん)(うね)さんの息子(むすこ)伸生(のぶお)さんも招待(しょうたい)されました。伸生(のぶお)さんは「(ちち)少し(すこし)でもユダヤ(じん)(いのち)助け(たすけ)たいと考え(かんがえ)ていました。(ひと)愛する(あいする)気持ち(きもち)持っ(もっ)て、平和(へいわ)願っ(ねがっ)ていました」と話し(はなし)ました。 イベントの会場(かいじょう)には、ビザで助け(たすけ)られた(ひと)やその子ども(こども)(まご)が170(にん)()ました。参加(さんか)した女性(じょせい)は「(ちち)はビザのおかげでアメリカに来る(くる)ことができました。(ちち)は100(さい)亡くなる(なくなる)まで、杉原(すぎはら)さんのことを話し(はなし)ていました。感謝(かんしゃ)気持ち(きもち)でいっぱいです」と話し(はなし)ていました。

Loading