沖縄(おきなわ)(けん) 74(ねん)(まえ)戦い(たたかい)亡くなっ(なくなっ)た20(まん)(にん)のために祈る(いのる)

太平洋戦争(たいへいようせんそう)終わり(おわり)ごろの1945(ねん)沖縄(おきなわ)(けん)では激しい(はげしい)戦い(たたかい)があって20(まん)(にん)以上(いじょう)亡くなり(なくなり)ました。 最後(さいご)大きな(おおきな)戦い(たたかい)があった糸満(いとまん)()平和(へいわ)祈念(きねん)公園(こうえん)では23(にち)亡くなっ(なくなっ)(ひと)たちのために祈る(いのる)(しき)がありました。(しき)には亡くなっ(なくなっ)(ひと)家族(かぞく)など5100(にん)出席(しゅっせき)して、12()になるとみんなで()閉じ(とじ)静か(しずか)祈り(いのり)ました。 平和(へいわ)祈念(きねん)公園(こうえん)では、(あさ)早くから(はやくから)たくさんの(ひと)()て、亡くなっ(なくなっ)(ひと)名前(なまえ)書い(かい)てある石碑(せきひ)(まえ)祈り(いのり)ました。77(さい)女性(じょせい)は「(わたし)戦争(せんそう)のとき3(さい)で、(あね)一緒(いっしょ)逃げ(にげ)ました。そのとき(みち)亡くなっ(なくなっ)(ひと)()たことなど、つらい経験(けいけん)思い出し(おもいだし)ます」と話し(はなし)ていました。 沖縄(おきなわ)(けん)玉城(たまき)知事(ちじ)(しき)で「平和(へいわ)安心(あんしん)できる世界(せかい)をつくるために、沖縄(おきなわ)(けん)のみなさんと一緒(いっしょ)努力(どりょく)します」と話し(はなし)ました。

Loading