働く(はたらく)場所(ばしょ)での暴力(ぼうりょく)やハラスメントを禁止(きんし)する国際(こくさい)条約(じょうやく)決まる(きまる)

国連(こくれん)のILOは21(にち)、スイスで開い(ひらい)会議(かいぎ)で、働く(はたらく)場所(ばしょ)での暴力(ぼうりょく)やハラスメントを禁止(きんし)する国際(こくさい)条約(じょうやく)決め(きめ)ました。 条約(じょうやく)によると、暴力(ぼうりょく)やハラスメントは(からだ)(こころ)などを傷つける(きずつける)ため、法律(ほうりつ)禁止(きんし)します。仕事(しごと)実習(じっしゅう)()ている学生(がくせい)やボランティア、仕事(しごと)探し(さがし)ている(ひと)にもしてはいけません。 条約(じょうやく)決める(きめる)とき、日本(にっぽん)は、政府(せいふ)働く(はたらく)(ひと)たちの団体(だんたい)賛成(さんせい)投票(とうひょう)しました。しかし、会社(かいしゃ)経営(けいえい)している(ひと)たちの団体(だんたい)投票(とうひょう)しませんでした。 ILOの187の(くに)は、この条約(じょうやく)参加(さんか)するかどうかこれから考え(かんがえ)ます。参加(さんか)した(くに)は、暴力(ぼうりょく)やハラスメントを禁止(きんし)する法律(ほうりつ)をつくります。

Loading