御嶽山の噴火の怖さを亡くなった人の家族が小学校で話す

御嶽山(みたけさん)噴火(ふんか)(こわ)さを亡くなっ(なくなっ)(ひと)家族(かぞく)小学校(しょうがっこう)話す(はなす)

長野(ながの)(けん)岐阜(ぎふ)(けん)()にある御嶽山(みたけさん)は5(ねん)(まえ)噴火(ふんか)して、飛ん(とん)できた(いし)などで大勢(たいせい)(ひと)亡くなり(なくなり)ました。(ところ)清和(きよかず)さんの息子(むすこ)と、結婚(けっこん)する予定(よてい)だった女性(じょせい)亡くなり(なくなり)ました。(ところ)さんは御嶽山(みたけさん)近く(ちかく)にある小学校(しょうがっこう)で、噴火(ふんか)(こわ)さや家族(かぞく)大切(たいせつ)さなどを子ども(こども)たちに話し(はなし)ました。 (ところ)さんは、飛ん(とん)できた(いし)(あな)があいた息子(むすこ)のリュックサックや壊れ(こわれ)携帯(けいたい)電話(でんわ)見せ(みせ)て「(いし)時速(じそく)200kmの(はや)さで飛ん(とん)できました。息子(むすこ)たちの(からだ)(ほね)折れ(おれ)ていました」と話し(はなし)ました。 そして、噴火(ふんか)があった()(つま)が『()をつけて』と言っ(いっ)て、息子(むすこ)が『おう』と言っ(いっ)たのが最後(さいご)会話(かいわ)になりました。すごく残念(ざんねん)思っ(おもっ)ています。お父さんやお母さんとたくさん(ばなし)をしてください」と話し(はなし)ました。 (はなし)聞い(きい)女の子(おんなのこ)は「悲しい(かなしい)気持ち(きもち)がよくわかりました。お父さん、お母さんとたくさん(ばなし)をするようにしたいです」と話し(はなし)ていました。

Loading