世界(せかい)活躍(かつやく)したバレエのダンサーの吉田(よしだ)(みやこ)さんが最後(さいご)公演(こうえん)

吉田(よしだ)(みやこ)さんは、日本人(にっぽんじん)女性(じょせい)初めて(はじめて)イギリスのロイヤルバレエ(だん)のトップのダンサー「プリンシパル」になって、22(ねん)続け(つずけ)ました。世界(せかい)活躍(かつやく)した吉田(よしだ)さんは、今年(ことし)の1月にバレエのダンサーをやめることを発表(はっぴょう)しました。 8(にち)(よる)東京(とうきょう)最後(さいご)公演(こうえん)がありました。吉田(よしだ)さんは2010(ねん)にロイヤルバレエ(だん)をやめたときにロンドンで踊っ(おどっ)た「シンデレラ」を踊り(おどり)ました。会場(かいじょう)には、吉田(よしだ)さんの最後(さいご)踊り(おどり)見る(みる)ためにたくさんの(ひと)集まり(あつまり)ました。最後(さいご)拍手(はくしゅ)は15(ふん)以上(いじょう)続き(つずき)ました。中学生(ちゅうがくせい)女の子(おんなのこ)は「吉田(よしだ)さんのようになりたいと思っ(おもっ)て、バレエの練習(れんしゅう)頑張っ(がんばっ)てきました。本当に(ほんとうに)感動(かんどう)しました」と泣い(ない)話し(はなし)ていました。 吉田(よしだ)さんは53(さい)で、来年(らいねん)9月から東京(とうきょう)にある(しん)国立(こくりつ)劇場(げきじょう)で、日本(にっぽん)のバレエのレベルをもっと高く(たかく)するために仕事(しごと)をします。

Loading